E-MAIL

企業情報

事業沿革
Company History

1948年(昭和23年)自転車部品の製造のため田中四郎創業。
自転車向けクランク軸の生産開始。
1949年(昭和24年)株式会社三星製作所に改称。
1950年(昭和25年)熱処理工場新設。
1954年(昭和29年)日本で最初の復動油圧冷間プレス1号機自社開発.。
1956年(昭和31年)立型油圧冷間プレス1号機自社開発。
1961年(昭和36年)本田技研工業殿へオートバイ用ヘッドパイプ納入開始。
1964年(昭和39年)美原工場 新設。
1967年(昭和42年)自動車部品、本格生産開始。
1985年(昭和60年)田中 武  社長に就任。
1987年(昭和62年)自動車向け中空式チェンジレバー開発。
海外8カ国にて特許取得。
1994年(平成 6年)油圧ロータリープレス開発。
自動車向け中空式ステアリングコラムシャフトの生産開始。
1995年(平成 7年)タイ国バンコクで、住友商事およびタイ資本(Viraj氏)との合弁会社
Mitsuboshi Forging co. ltd. 設立。
現地メーカー向けオートバイ用ステアリングステム生産開始。
自動車用 ステアリングコラムシャフト 生産。
1999年(平成11年)自動車向けエアーバック用パイプの生産開始。
2000年(平成12年)ISO9001取得 。
2004年(平成16年)美原第2工場 新設。
ステアリングコラムシャフト、ラックチューブ 生産 。
2007年(平成19年)9月・田中 茂 代表取締役社長に就任。
2008年(平成20年)3月・ISO14001:2004認証取得。
2012年(平成24年)ベトナム国ハノイにMitsuboshi Forming Vietnam Co.,Ltd. 設立
2013年(平成25年)

Mitsuboshi Forming Vietnam Co.,Ltd.にて
マレーシア向けオートバイ用ステアリングステム生産開始。

 日本塑性加工学会・技術開発賞を受賞
2015年(平成27年) 

ステアリングシャフトの一貫生産をスタート (材料~完成品までの一貫生産ライン)

(中空)ロアーシャフトのナイロンコーティングをスタート
2016年(平成28年) 電動チルト・テレスコピック用ステアリングシャフトサブアッシーの生産をスタート
性能保証 組立部品の生産をスタート
2017年(平成29年)BCP活動をスタート
2019年(令和元年)

Mitsuboshi Forming Vietnam Co.,Ltd. バーティエンⅡ工業団地へ移転

 新工場での生産をスタート

企業情報


PAGE TOP